デジタルユーロ、オンラインと実店舗の両方で使えるようにすることが重要